妊娠するとバストが大きくなる理由

妊娠するとどうして胸が大きくなるの?

ママの身体は、授乳に備えて妊娠中期から後期にかけて胸が大きくなるんです。
これはプロゲステロンという黄体ホルモンの働きで乳腺や乳管の組織が発達し、赤ちゃんが生まれたらすぐにおっぱいをあげられるように準備するからなんです。

大きくなる時期もどのくらい大きくなるのかも、人によって異なると思います。 自分は、CカップからEカップになりましたよ。 中には、ほとんど変わらないという人もいます。 自分の周りでもも大きさ、変わらなかった~という人がいました。 でもちゃんと授乳できますよね。 反対に大きくても母乳が出ないという場合もあります。胸が大きくなる=おっぱいが出るというわけではないんですね。

女性は妊娠してなくても、子宮の中で排卵されたときプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されるんです。 生理前に胸が張ったり、大きくなったと感じる人もいると思いますがこのときもプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌によっておこる 現象です。 また妊娠して母乳をつくるのにおっぱいの乳腺を発達させることにもプロゲステロン(黄体ホルモン)が関わってると言えます。 プロゲステロンが影響して起こることは他にもあります。 妊娠して乳首の乳首の乳輪が大きくなったとか、黒ずんでしまったという人も多いんじゃないでしょうか。 これは、プロゲステロンの分泌でメラニン色素の沈着がおきるからなんです。

まとめると、おっぱいは乳腺と脂肪でできてるので妊娠すると太るとかおっぱいが大きくなることは、当然のことなんです。 自分は、おっぱいも大きくなりましたが20キロ以上体重も増加し、体全体が大きくなりましたよ。 元通りの体重に戻すのも大変でしたけど(笑)

↑ PAGE TOP